セキスイハイム九州 アパート経営 賃貸経営住宅・土地活用情報サイト

賃貸住宅経営・土地活用・資産運用をお考えなら、セキスイハイム九州株式会社までお気軽にご相談ください。

フリーダイヤル0120-250-816

  1. 土地をお持ちの方

土地をお持ちの方

地価の動向に左右されず、自分で土地の資産価値を高める時代に

土地活用とは、自分が持っている大きな資産である「住宅・土地」を収益に変える方法です。 土地の持つ価値や、建物の利回りを考え、「ただ持っているだけの土地」「ただ住むだけの住宅」を「収益を得る手段」として活用します。土地活用には家や土地を売る「売却」、アパート・マンション、駐車場として貸し出す「賃貸」の他、 現在住んでいる敷地を有効活用して収益を得る「住みながら活用する」方法まで様々です。

売却について

いわゆる「土地神話」が崩壊した昨今、土地を保有していても値段が下がり続ける可能性があります。一方で土地を持っているだけで発生する「負担」も存在します。固定資産税や都市計画税、将来的には相続税の可能性もあります。 土地の活用で収益をあげることができればよいですが、立地や形状によっては、活用が難しいこともあります。そのような場合、売却によって現金化し、その現金の使途を改めて検討するほうが効果的かもしれません。 「売却」も立派な活用法のひとつです。

売却のメリット・デメリット

メリット

  • 現金化により「資産の組み替え」が可能
    現金で得た資金を有効に使えばその後の収入や支出の改善につなげることができます。
  • 税負担の軽減
    土地を手放しますので、固定資産税や都市計画税の負担はなくなり、また相続が発生した際の相続税納税資金を確保することができます。

デメリット

  • 収益機会の損失
    土地を手放しますので、今後その土地から得られる収益はありません。
  • 譲渡費用、譲渡税の発生
    売却にあたっては印紙税、測量費、仲介手数料といった費用が発生するので売却費がまるまる資金として残ることはありません。また売却によって得られた「もうけ」の部分に対して「譲渡税」として所得税や市民税がかかります。

土地活用の比較

土地活用パターンの収益性、安定性などを比較した内容を見てもらうと一目瞭然だと思いますが、総合的に考えても安定収入を長期に渡って確保するのに最もおすすめなのが賃貸住宅用地として、賃貸経営ということになります。 しかし、事業を始めるにあたっての計画や運用の不安を持つと思います。 セキスイハイムでは、オーナー様が安心して賃貸経営経営を行えるように、市場調査を始め、プランニングやからサポートまで総合的にお手伝いいたします。

土地活用の比較表
土地をお持ちの方でこんな悩みはありませんか?
土地を価値ある資産にするために最適な土地活用方法をご提案します。
土地診断市場調査のお申し込み