セキスイハイム九州 アパート経営 賃貸経営住宅・土地活用情報サイト

賃貸住宅経営・土地活用・資産運用をお考えなら、セキスイハイム九州株式会社までお気軽にご相談ください。

フリーダイヤル0120-250-816

  1. 空室対策

空室対策

入居率アップのノウハウで安定収入を

賃貸住宅に空室が発生してしまい、それがなかなか埋まらない。その理由はどういったものなのでしょうか。少子化や景気といった世の中の情勢が原因のひとつでもあるのですが、所有している物件の現実的な要因も考えられます。賃貸経営を成功させるために原因を把握し、適切に対策をとることが大切です。

入居を高めるポイント

物件探しで、同じような広さに家賃。どちらの物件にしようかと迷った時の決め手は、 やはり交通の便や設備の充実度合いになります。入居者にとってこれから永く生活する場ですから、賃貸経営を建てる段階からしっかりと計画を考えておきましょう! 賃貸経営を成功させるためにもニーズや周辺地などを把握することが大事です。

1.最寄り駅の人気度・距離

通勤や通学など交通の便が良いところは、入居者にとって大事な決め手。主に地下鉄やJR、私鉄の最寄駅から、ほとんどの物件が5分~10分以内の好立地となります。

2.部屋の有効面積

有効面積とは単なる専有面積でなく、廊下、トイレ、キッチンなどを除いた面積のことです。広いバスルームが欲しいゆっくりお料理したいなどゆとりのある広いお部屋は、入居者の満足度が高く空室率を下げることが出来ます。

3.世帯別に使いやすさを考慮した間取り

間取りによってターゲットとなる入居者層は異なります。1DKやワンルームの間取りには単身者、1LDKや2DKの間取りはカップルや新婚の夫婦、2LDKや3DK以上の間取りはファミリー向けに設定されているケースが一般的です。

4.日当り

立地が良くても日当たりやロケーションが悪いと入居率は下がります。また、現況が満室でもあまりにも日当たりが悪いために、その日当たりが悪い場所の部屋に空きが出たときのリスクも考慮しましょう。

5.建物構造と階数

賃貸住宅には、木造、プレハブ、鉄骨、そして鉄筋コンクリートといった色々な構造があります。現在の市場調査より、人気が高いのは鉄筋コンクリート構造。また、建物の階数や角部屋といった点も比較されるポイントです。

6.インターネット環境

入居者の皆様が喜ばれるンターネット環境づくりが大切。インターネット利用率の急激に上昇したことで、光で広がる快適なインターネット環境で魅力をアップ入居者の皆様も大満足!

7.オール電化

給湯に電気給湯器、調理にクッキングヒーターを設置されたオール電化仕様の住宅は、単身から新婚カップル、ファミリー層、さらにシニア世代と、全ての人に喜んでもらえる付加価値として喜ばれています。

8.防犯・遮音設備

徹底してご入居者の安全を確保する防犯対策や隣人の生活音などを、気にされる方も多いはず。
安心と信頼できる建物かどうか判断することも大事です。

9.ペット可能

入居条件を緩和することで入居者層が広がり、期待値が高まります。

10.駐車場完備

賃料に含まれるのか別途になるのかによって変わります。

賃貸物件の建て替え

木造など年数が経っている賃貸物件の場合、空室が長期間埋まらないと家賃の値下げやリフォームなどが必要になってきます。さらに老朽化によってあちこち傷んで修繕費がかさみ、採算が悪化し、賃貸物件自体が不良資産化してしまうこともあり得ます。賃貸経営の立場から、賃貸物件の建て替えはどのようなタイミングで図ればよいのでしょうか。

建て替えのタイミング

1.空室対策として

建物や設備が今の入居者ニーズと合わず半分近くが空室であったり、長期間空室が埋まらない場合、空室対策に家賃を段階的に下げても効果がない場合は、建て替えを検討するタイミングです。
老朽化などでリフォームをした際の費用対効果のバランスが悪い時なども検討時期です。

2.耐震性の問題として

築30年~40年などの賃貸物件は、古い耐震基準で建てられていることが多いです。全国的に大地震の発生確率が高くなっており、どこでも地震は起こりうる昨今、大地震で倒壊するのは古い木造建築がほとんどです。耐震面で不安を感じたら建て替えを検討するタイミングと言えるでしょう。

建て替えのメリット

建て替えにより賃貸経営が健全化すれば、空室対策はもちろん相続の面からもメリットがあります。優良資産であれば将来の引継ぎがスムーズになり、相続税や贈与税などの税対策にも効果があります。なにより地震に強い建物を建てることによって防災対策になります。