セキスイハイム九州 アパート経営 賃貸経営住宅・土地活用情報サイト

賃貸住宅経営・土地活用・資産運用をお考えなら、セキスイハイム九州株式会社までお気軽にご相談ください。

フリーダイヤル0120-250-816

  1. 固定資産税対策

固定資産税対策

固定資産税と都市計画税の税額が、大幅に減って負担が軽くなる

固定資産税は、毎年1月1日現在に不動産を所有している者が納税義務者となり市区町村に納める税金です。毎年5月上旬に納税通知書が送付されてきますが、年4回に分けて納税します。所有している土地に賃貸経営のアパート等を建てると、固定資産税評価額は更地の場合に比べて最大6分の1に減額されます。

1.固定資産税

固定資産税は、土地・家屋などの所有者に毎年課せられる市町民税です。税額は毎年1月1日現在、市町民の固定資産課税台帳に記載されている課税標準額に標準率1.4%をかけて算出するのが原則です。しかし、現在のところ、地価の下落率や前年までの税負担状況に応じて評価額を調整してから税額を計算するという方法がとられています。

2.建物に対しての税金(賃貸住宅建築後)

都市計画税とは固定資産税と一緒に課税される税金です。市街化区域の土地・建物に課せられます。税額の算出の基礎となる課税標準は固定資産税と同様。税率は0.3%が上限です。この税も軽減措置があり、1戸あたり200㎡までの部分は評価額の1/3、超える部分は評価額の2/3になります。ただし、建物については 特に軽減はありません。

住宅用地に関する一定割合とは?

長期所有事業用資産から事業用資産への買替特例」を適用した場合の売却による税負担額の計算例をみてみましょう。取得費・譲渡費合計2,000万円の資産を1億円で売却(買替資産の価格の場合)し、税率20%として考えます。

固定資産税と都市計画税の具体的例

買替えた資産の取得費・譲渡費用は売却した資産の取得費・譲渡費用を引き継ぐため、 買替資産の原価償却費(必要経費)が小さくなります。上記の例(売却資産価格=買替資産の価格の場合)で、減価償却は定額法・耐用年数27年とすると…

1.土地に対しての税金

2.建物に対しての税金(賃貸住宅建築後)

税金対策でこんな悩みはありませんか?
あなたの疑問にお答えいたします
無料お問い合わせはこちら
お役立ちのカタログをプレゼント!
カタログを請求する